カジュアルタイ料理 カオサンカァ

タイの雰囲気いっぱいの店内で味わう、カジュアルかつこだわった美味しく楽しいタイ料理店!

ササキタイランドのおすすめ


 

パクチー好き必見!

ルークチンムートードー

(パクチーボール)¥650 

パクチーで最もおいしい部分、根を豚肉に混ぜ込んでボイルしたものをカリッと仕上げた。お客様の声から生まれた、他店ではあまりお目にかかれない逸品だ。

 お肉のジューシーさと、パクチーのうまみが口に広がる。パクチー好きならば必ず食べておきたい。

 

タイ好き話題の逸品!

スッキーウンセンクン

¥850

タイスキのソースで春雨と海老を炒めた逸品。まかないからレギュラーメニューとなった逸品。タイ好きの間でも大好評だ。タイスキソースのコクと、パクチーと春雨がベストマッチ。さっぱりといただける。

こだわり


 イチゴ柄の可愛らしい壁が特徴的な店内には所狭しとタイ直輸入の雑貨が並ぶ。

 クアングプゥング(調味料入れ)からコカ・コーラのカトラリーケース、食器もすべてタイのものを使用している。

店内の雰囲気のみならず、料理へのこだわりもご紹介したい。

タイ料理の肝ともいえるハーブ類は新鮮なものにこだわっており、ハーブ類の価格が上がっても、それだけは譲れないという。タイ米も、上級米ゴールデンフェニックスを使用している。「正直コストは掛かるが、美味しさにこだわるため、他のものにはしたくない」コストよりも美味しさを重視する、確かなこだわりがあった。 

タイの伝票をベースにして作られたメニュー

オーナーイチオシのモン族の雑貨

色使い・柄が乙女心をくすぐる

タイ一色のお手洗いも必見


ササキミニ見聞録


タイ旅行の際に出国税の関係で出国できなくなり、タイ人に助けてもらったという本島オーナー。タイへ恩返しをしたいという想いがあるのだという。

タイの中でも特にチェンマイが好きで、チェンマイ好きが高じてチェンマイツアーもプロデュースされている。

タイのことを語られる本島オーナーの瞳は輝き、生き生きとしていた。

  

左:本島オーナー

下:本島オーナー(写真左)と佐々木(写真右)

店名である「カオサンカァ」は、地名カオサンと女性名詞であるカァ(です)からなる。

カオサンのカオサンロードにはバックパッカーの聖地と呼ばれ、グローバルで雑多でありながら、誰もが仲良くなれるような居心地の良い雰囲気だ。

 

カオサンカァも、そのような雰囲気を再現したのだという。確かにカオサンカァは活気に満ち、どんな人でも気軽に仲良くなれる雰囲気があった

 

店舗情報


・住所 愛知県名古屋市中区栄2丁目9-9 1F

・電話番号 052-209-5129
・駐車場 なし
・営業時間 

月~金 11:30〜14:15(ラストオーダー13:45)

18:00~23:00(ラストオーダーfood22:00、drink22:30)

土(不定休) 18:00~23:00(ラストオーダーfood22:00、drink22:30)

・定休日 土曜日(不定休)、日曜祝日

ご来店の際は是非「ササキタイランドを見た」とお伝えください。

ページ内の金額はすべて税込価格です。

こちらの情報は2017年9月時点のものです。メニュー等の情報は予告なく変更のある場合があります。