株式会社NEWS

代表取締役

山形 孝君さま

文:佐々木恵理子

日本唯一のトゥクトゥクディーラー

写真:株式会社ニューズさまのオフィスにある納品前のトゥクトゥク

――トゥクトゥクの販売はどういった経緯で始められたのですか?

30歳から会社を経営して、その中の一部署でブティックを経営し、何度かタイへ行っているうちにトゥクトゥクが気になって、日本で販売できないかと思ったのがはじまりです。

現地の工場に行って、日本で販売したい旨をお話したところ、ナンバーを取れるなら日本への輸出をやりたいということだったので、1台購入して、ナンバーの取得のために動き出しました。

 

ナンバーが取れるまで三か月くらい何度も何度も改良を重ねて、ギリギリでナンバーが取れたので、2002年の5月に名古屋のタイフェスティバルで展示することとなりました。

おかげさまでかなり多くの反響をいただき、「日本でトゥクトゥクが乗れるなら欲しい!」とのお声をたくさんいただきました。

のちに、すぐナンバーが間違いなく取れるように改良していったので販売を始めました。

販売価格は最初145万円で始めましたが、今最安値ですと東京のタイフェスティバルで、10台限定で98万円で販売しています。

トゥクトゥク販売を始めてから16年目で、累計500台販売しています。

 

タイフェスティバル東京には毎年出展させていただいていて、トゥクトゥク展示だけではなく、ちょっと珍しいタイ雑貨やトゥクトゥクのラジコン等を販売しています。


トゥクトゥクは普通免許で運転できる

――トゥクトゥクは主にどういったお客様が購入されるのですか?

やっぱり、タイをお好きな方が購入されますね。トゥクトゥクの輸入代行業者もいらっしゃいますが、専業でやっているのは弊社だけですね。

――そもそも、トゥクトゥクはどの免許で運転することができるのですか?

普通免許で運転することができます。しかし、タイのトゥクトゥクもそうなのですが基本的にマニュアル(MT)車なので、オートマ(AT)免許の方は、オートマ仕様のトゥクトゥクをご注文いただけば製作も可能です。

ただ、オートマ仕様のトゥクトゥクはマニュアルのものに比べて10~15cmくらい車体が長くなります。

ナンバーはバイクのナンバーなので後ろにナンバープレートを付けるのですが、扱いとしては車です。

自動車税もとても安いですよ。

――注文してどのくらいで届くものなのですか?

一応ご注文いただいて3~4ヵ月待ちとお話しておりますが、工場との連携がうまくいかないこともまれにあり、時期によってはもう少しお待たせする場合があります。私が月1の頻度でタイ現地の工場へチェックをしに行っています。

――季節的にはやはり夏のご注文が多いですか?

そうですね。タイフェスティバルの関係もあって夏にご注文いただくことが多いですが、実は冬場でもシートヒーターが付いているから暖かいし、バイクと違って窓があるので直接風が当たらなくて手がかじかむこともなくて、意外と快適に乗れるんですよ。

夏しか乗られなかったりすると、冬を越してまた翌年に乗ろうとするとバッテリーが上がってしまうことが多いので、是非通年で乗って頂きたいですね。

――私もトゥクトゥクが欲しくなってきました。トゥクトゥクの試乗もできますか?

できますよ。前日迄にご連絡いただければ日曜、祝日も試乗していただけます。

遠方からお問い合わせをいただくことも多いんですけど、一度試乗していただいてからのご購入を強くおすすめしています。

写真:山形さま(左)と佐々木(右)

株式会社ニューズ


住所:愛知県小牧市弥生町6

TEL:0568-41-6789

E-mail: news0001jp@yahoo.co.jp

HP:http://www.news0001.com/


こちらの情報は2018年時点のものです。